本年最後の山?

画像
明日は忘年会、明後日は大掃除、明々後日は大晦日で実家へ、で今年最後の山になる、多分。
と言う訳で大好きな山の一つである武奈ヶ岳へ、それも雪の武奈である。
数日前から天気予報を見ていると、バリバリの冬型
スノーシューを持っていこうか迷ったが、嵩張るので止めた(持って行ったら良かった)。

6時前に高速に乗るため、それよりちょっと前に家を出る。
京都東で下り湖西道路を走り真野ICで下りる。
坊村までコンビニが2つあるが、そのうちの1つでオニギリと大福餅を調達。
坊村へ行く途中の国道の脇には気温の表示が
画像

7時過ぎに坊村に到着。いつもの所に車を停めるが、既に6台ほどの車が停まっている。
もう、登っているんだ。
赤いハシを渡って、まだ続いている工事事務所の横から、御殿山コースの登山口へ入る。
画像

暫く杉の植林帯を登って行くが、朝の早い時間なのに気温が高いからか
木の上に積もっていた雪が時折「ドサッ」と落ちてくる、頭の上に落ちないことを願いながら登って行く。
画像

植林帯を抜け暫く歩くと急登が待っている。以外とはっきりと8本爪のトレースが残っている先行者のものか?
しかし、当然踏ん張りが利くので直登である。つぼ足では滑って登り難いったらありゃしない!
吹き溜まりの所は急にヅボッと入り込んでしまうので、疲れが倍増である。
画像

この標識まで1時間半、こんなもんか。
画像

ここから、トレースがある様な無い様な、まあテープもあるし、1本道なので迷うことも無い。
だが、以外と雪が深く(と行っても30センチぐらいだが)歩くのがまあまあ疲れる。
登るに連れて積雪も増えてきて、50センチはあるだろう。
深い所で1mはありそうである。トレースが無くなって、「くそっ!」とおもっていたら
夏道との分岐に着いたが、直登のトレースだけで、夏道へ回った形跡は無かった。
画像

当然冬道の直登を登る。
ここも、テープがそこここについているので適当に歩いても迷うことはない。
このプチ雪庇の上を歩いて、登りきればちょっとした広場になっており
夏道との合流点である。
画像

夏道との合流点で先行者に追いつくが、今日の先頭はこの人のようで、8本爪のアイゼンを付けていた。
ちょっと話をしたが、先行者は居らず、20メートルほど先でトレースも無く、
新雪で道が埋まっているとの事、せめて御殿山までは行きたいので
雨具のスボンを履き、オーバー手袋をし万全のラッセル体制を敷く。
画像

やっぱり交代無しで1人でラッセルするのはめちゃめちゃ疲れる。
今度は超人を連れて来よ!
何とか頑張ったが、やはり又間でのラッセルはきつく
深い時は臍までもぐりこむ、足を抜くのも大変である
画像

もう、あきません
水分補給のつもりでザックを降ろしたが、もう御殿山まで行く気力も無く戻る事にしました。
先ほどの広場まで戻ると、何と言う事か次々と後続者が登って来ており
大方15・6人、何でもっと早く上ってけーへんねん!
なんて思いながら話をするが、「もう1度、行きましょう!」と言われても、
気持ちが萎えてしまって登る気がしませんでした。
同じ会の方とすれ違って話をしたのですが、全然気が付きませんでした、申し訳ない。
次は年が明けて、落ち着いた天気の時に登って見よう。
初登りで行こうかな!(もっと雪が多いかも)

"本年最後の山?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント