本当に登り納めに

大掃除が予定より早く(私の手際が良かった!)終わり、予備日の30日がポッカリと空いてしまった。
どこへ行こかな?やっぱり雪がそこそこ積もっていそうな場所といえば稲村ヶ岳か、水も温泉もあるし
と言う事で稲村ヶ岳に決定。
画像

家を5時40分に自宅をでて近畿高速~西名阪、山麓線を南下し309号をずーっと走る。
下市口のコンビニでおにぎりを買い、7時40分に母公堂の前の駐車場に到着。
雪は全然ありません。上はどうかな?
画像

登り初めて10分程で温泉からの道と合流。
このまま水場へと向う。
が、チョロチョロとも流れていませんでした。
画像

水場から20分足らずで法力峠に、ここでもまだ雪は積もって居ない。
先日の名残がありだけである。
水分補給をして数分で出発。
峠から20分ほど歩くとやっと道にも雪が残っているようになってきた、
しかし、天気は良い天気である(当然ガスッてます)。
画像

何とか、大日岳が木々の間から見る事が出来ました。
やっぱりあのくらいの高度になると白くなっています。
画像

雪が多く、気温が低ければ崩れた橋の所や、トラバース気味の場所はやらしいのですが、
少ないこともあり、難なく通る事が出来ます。
母公堂をでて2時間、稲村小屋に到着。
相変わらずここは風邪が強いが、やはりここも雪が少ない。
画像

風が強いので小屋裏で休憩しようと思ったが、
山頂まで40・50分だったはずなので、山頂から戻ってから休憩する事にする。
ふと、携帯を見るとアンテナが2本立っていたので、小屋の写真をアップする。
小屋の寒暖計は-2度、風が強いのでその分寒く感じる。
画像

小屋から上も雪は少なく登山道も前の踏み後が残っているくらいである。
画像

大日のトラバースが心配であったが、
ここまでの積雪が少ないので、どうかな?
と思っていたが、私に取っては「余裕!」の突破である。
画像

大日岳への分岐はパスして、そのまま稲村の展望台へ
2ヶ所ほどの鎖も殆ど頼ることなく(アイゼンを付けてますので)
頂上へ到着、殆ど期待はしていませんでした(ちょこっと気持ちはありました)が
360度ガスで真っ白!
画像

一瞬であるがガスがさーっと晴れて西側の展望が開けた。
10秒もしない内に又真っ白に。
画像

待っていても仕方が無いので早々に下りる事にする。
鎖場で顔を上げると目の前に大日岳が
画像

小屋まで戻って腹ごしらえと思っていたが、めんどくさくなった事もあり
休憩無しで下りる事にする。
押し詰まった30日に登ってくる人はないだろうと思っていたが
2人グループと単独の3人に会っただけであった。
母公堂に戻ったのは12時40分、小屋から1時間20分でした。

この1年楽しい山をする事が出来ました。
来年は今年行けなかった北アルプスへ行くぞ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: 本当に登り納めに 単さんのまぁ色々!/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 08:05