単さんのまぁ色々!

アクセスカウンタ

zoom RSS 稲村ヶ岳24/1/28

<<   作成日時 : 2012/01/30 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

毎年12月か1月に「稲村ヶ岳」に登っている。
この冬もいつ行こうかと思っていたら、
第1級の寒波襲来とグッドタイミング!
家を5時過ぎに出、五条を過ぎる頃には何と雨模様。
吉野川を越えて山に入ると雪に変わり、
トンネルを過ぎるとそこはもう「雪国」
気温も道路わきの表示は―3度、路面も真っ白。
画像

洞川温泉を抜け母公堂に着いたのは7時30分、
画像

がっ、前の駐車スペースは前を走っていた乗車で満杯
ゴロゴロ水の駐車場はオープンが9時、
しかも6時には施錠されるので万が一の時にはやばい。
観音峰でも行こうかと思ったが移動の途中で山友と逢い
やはり稲村に登ることにして、駐車場所を見つけてやっとのことで8時半過ぎに出発。
これだけの積雪があるのはホントひさしぶりです。
画像


出発までにちょっと時間もかかってしまいどこまで行けるやら!
いつも母公堂の前から出るので、この場所からだと千2〜300M余分に歩かないと行けないんだよねえ。
駐車する前に偶然一緒になった山友と一緒に2人で歩いて行きます。
法力峠まで1時間ほど、ええペースで歩いてます(へたしたらペース早いかも・・・)
画像

今日はスノーシューやロープ等(普段は持って来ませんが積雪期だけ)がザックに入ってるのでちょっと重たい。
この道は夏は何ともない「普通の登山道」ですが
冬は積雪があるためトラバース道がきつくなります。
画像

去年雪庇状に積雪があった敗退した場所も、意外とすんなりと通れてしまい、変に拍子抜け。
前に歩いている人がいるのに、体重が重たく1人ラッセルしながら進みます。
画像

峠から稲村小屋まで2時間かかました、こんなもんかなぁ!
稲村小屋は雪で殆ど埋まってしまい、出入り口も雪の下。
画像

鍵で使えないトイレの軒先で小休止、この調子じゃぁ、稲村はまず無理!
取りあえず大日の肩まで行くことにしアイゼンからスノーシューに履き替えて小屋を後にする。
Rさんはアイゼンのつぼ足で一足先に行ってます。
画像

大日のトラバースは無理でそのまま引き返し、
小屋で小休止もそこそこに戻ることにする。
小屋から下りの最初の橋に掛かると5・6人の登山者がとどまっており
「何かなぁ?」とよぉく見るとロープで確保し人を引き上げているではないか
聞くところによると、2人滑落し1人は100M(本人曰く)ほど落ちたそうである。
ただ、100Mも落ちると無傷でいられるのは難しいと思うのだが
彼は腰を強打したみたいで外見上は無傷であった。
画像

稲村も無雪期は簡単なハイキングコースであるが
積雪期はトラバースが多く、最低限のちゃんとした装備が必要であると感じました。
下山途中の法力峠で大峰・台高バリルート専門のkさんにばったり、
登る途中で白倉山方面に延びていたスノーシューの跡はkさんのものでした。
りさんありがとうございました又一緒に宜しくお願いします。
厳冬期、弥山行きたいですねぇ!!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
お友達2人に会うとは、みなさん、冬の稲村はやはり一回は行っておかないと…という方ばかりのようですね。

100mというのは、10m?気が動転していたのかな。
滑落中に木で頭打ったりしたらとても大変ですね。
RIKO
2012/01/31 16:17
うーむ、そちら方面でも結構な積雪量になるんですなあ。
ワタシも50mほど滑落したと思っていたのですが、その後、現場検証したら20m弱でしたわ。気が動転すると、そんなものです。
風花老師
2012/02/01 07:51
ものすごい積雪量だったんですね〜
大日トラバース手前まででも、十分オトコの征服欲は満たされたのではないかと思います!

あ〜、それにしても、
翌日の伊吹の青空・・ったら〜・・
ふふ・・(* ̄∀ ̄)ノ"
ルネオバ
2012/02/01 20:16
RIKOさん
やはり大峰や台高に魅せられた人が居るんですよねえ!
冬の稲村、それに狼平から弥山もいいですよぉ!
滑落した人が腰をさすってましたが、
木の幹で打ったみたいでした。
その後も歩いていたんで大したことは無かったと思いますよ。
単独行
2012/02/01 22:07
風花老師殿
そうなんですよ、
奈良の南部は意外と雪が降り積雪があるんです!
滑落した人が100Mと言ってましたが
ロープが40M程しか無かったので
落ちた人が自力で60M以上も登ってくるなんて
状況から考えて無理があると思います。
現場を上から見る限り落ちたのは30Mぐらいだと思います。
しかし、冬の稲村を甘く見てると思いますわ。
単独行
2012/02/01 22:16
ルネさん
小屋まであと「ふた曲がり」というとこで
積雪量がグンと増えました。
「征服欲」そんな欲はとっくに無くなりました。
いつ引き返そかそればっかり考えながら登ってました。
ふ〜ん、天気って不思議ですよねぇ〜だ!!
この週末も「良い天気」の様ですが・(;一_一)
単独行
2012/02/01 22:21
たいへんご無沙汰しています。
ホームページはいきんぐおきらくで、また山歩きでごいっしょしていただいて大変お世話になりましたFloraです。
ありがとうございました。

ホームページも閉じてしまいましたが、
また復活して、ゆっくりですが、
気分も新たに、HPの名前もHNも変えて、また一から始めることにしました。

またリンクさせてください!
健脚の皆様と歩ける自信はないですが、
いつか、またご一緒していただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

http://nagomisanpo.web.fc2.com/

リンゴ
2012/02/28 23:27
おぉ〜!Floraさんじゃなかったリンゴさん、
ほんと、ご無沙汰でした。
HNも変えたんですねぇ。
「リンゴ」って何か意味あるのかなぁ?
又一緒に歩きましょう!!ね。
リンク、勿論オッケーですよん(^O^)/
単独行
2012/02/29 21:59
単独行さん、憶えていてくれてうれしいです。
リンクしますね!
改名したのは、
もう歳がねえ、オオダイに乗ったの。
花から実になった?あーそれ以上は言わないでね。
歩くのホントおっそい!ですけど、
気長にお付き合いくださいませ。
リンゴ
2012/02/29 22:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
稲村ヶ岳24/1/28 単さんのまぁ色々!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる